えみりの日常

バイオプのトレード結果をエクセルにまとめて振り返る

私となみえさんとで運営しているバイナリーオプションの学校

エミナストレーディング

ここの強みはなんといっても、きめ細かい指導にあるのかな
と思います。

この点は私どもが自負しているところです。

毎週末のZOOMで個別の添削指導アドバイス

何をやるときでもそうだと思うのですが
たいせつなのは振り返り。

振り返って、検討して反省して、それぞ次に生かしていく。

この繰り返しですね。

そのためには、1週間のトレードの記録をしっかりつけて
振り返ることが重要です。

つまりまずは記録をつけることから・・・。

私の師であり、現在FXで途方もなく稼いでおられる方は
毎週末に、この振り返り・検討をしっかりされてきたそうです。

負けトレードと勝ちトレードをフォルダ分けして、
じっくり検討。
それこと、ローソク足何本とか、ローソク足の長さとか、ひげの長さとか・・・。
実に、細かいところまでデータをとっておられました。

そのデータの整理方法を本日は公開してしまいます。

エクセルに負けと勝ちを分けて載せていきます

①まず、トレード画像を保存する際に、
・負けトレード画像
・勝ちトレード画像
を、別フォルダに分けておきます。

②エクセルに画像をはりつけます。
次に、エクセルを項目分けして、
・負けトレード画像
・勝ちトレード画像
を貼り付けていきます。

この際は、1ページの上のほうに
・負けトレード画像
を貼り付け、その下に
・勝ちトレード画像
を、見出しを立てて貼り付けておきます。

③エントリーした際の条件や反省点などを
それぞれの画像の近くに記載しておきます。

このようにして整理された1週間分のトレード結果を、
後のち振り返っていくのです。

これで、自分のトレードの癖なども、たいへん掴みやすくなります。

トレードを検討するのはどういった個所?

さて、検討するといっても、
最初はどこをどのように見ていけばよいのか気づかないかもしれませんね。

実は、私が最初にお世話になったスクールでは、
添削画像を提出しても、

分析がしっかりしてないので添削はスルー

と言われてしまいました。
でも、あまりに初心者の時には、そう言われても何がどうなのか
まったくわかりませんよね。
わからないから、指導を仰ぎたいと思っているのに、
これでは前に進みたくても、進むのに非常に時間がかかってしまいます。

この自分で気づくには途方もない時間がかかるから、
スクールに金を払って、遠回りせずに知識を教えていただく、

という意味がなくなってしまいます。
いってみれば、スクールの意味がないと思います。

そうした経験をもとに、
私どもは初心者の方の、ささいな疑問にもきっちりと懇切丁寧にお教えしたい!

というコンセプトを掲げてスクールを立ち上げたようなしだいなのです。

さて、具体的に何をチェックするのか、
という点についてですが、
一言でいうと、「個人差がある」
ということになります。

「個人の癖や好み」などにも左右されるので、
自分のトレード結果でないと保存する画像に意味がないのです。

逆に言えば、個人で積み上げた「トレード記録」は、
今後のために大きな財産となりえます。

ですから、ここでは、ご参考になるような多くの方に共通する検討箇所についてお伝えしたいと思います。

トレード条件を満たしているか

まず、トレード条件を満たしたエントリーをしているか。

この検討をします。
「まぁいいや。」
と、甘いエントリーをしていないかどうか。

もし、甘いエントリーで条件を厳しく守れていなくて負けたのなら、
次回から厳しく条件を守ることで、負けエントリーを減らすことができて、
勝率をアップさせることができます。

勝つことより、負けないことが重要

このことを肝に銘じましょう!

避けるべきチャートパターンにはまっていないか

さらには、エントリー条件にあっていても、
直前までの相場の動きに問題があった場合は、
エントリーを見送らなければなりません。

具体的には、下記ページで詳しくご紹介しておりますのでご確認なさってみてくださいね。

トレードを避ける時間・日・チャートパターン

エントリー直前のローソク足の動きを分析する

この部分こそ、個人差がものをいう部分となります。

エントリー直前のローソク足の動きを細かく分析しましょう。

例えば、陽線が6本も続いていた後でエントリーしている。
負け画像をみると、直前のローソク足の動きがとても似ていた。

というようなことがあります。

これについては、私どもなら一目みて

えみり
ここでエントリーしないでしょ!

と思いますが、初心者の当事者にとっては、
「言われたように条件を見つけているのに、
どうして負けるのかわかりません。」

ということになってしまっています。

えみり
このローソク足の動き、
負けエントリーすべてに共通していますね。

とご指摘すると、

「あら、ほんとですね。」

とご納得され、次回から勝率は、それだけで30%もアップしました。

こうした体験を繰り返すことで、
ローソク足の分析方法も磨かれていきます。

初心者の場合には、この気づきが難しいので、
私どもでお手伝いさせていただいているのです。

-えみりの日常

Copyright© 主婦のバイナリーオプション日記 , 2021 All Rights Reserved.