主婦のバイナリーオプション えみり

相場の基礎

ぽちぽち病を克服する「スルー」できる者が勝つのがバイナリーオプション

バイナリーオプションを始めて早い時期から
手堅く勝っている人の特徴として、
「エントリー回数が少ない」ということが挙げられます。

エントリー回数が増えれば勝率は下がるもの。

負けたことにかっとなり、
あるいは取り戻したい、
とあせって、さらにエントリー回数が増える。

というのは、悪循環以外のなにものでもありません。

「ぽちぽち病」とは?

バイナリーオプションにおける「ぽちぽち病」というのは、
何回も何回もエントリーしてしまうことです。

FXの場合でも似たようなことがあり、
こちらは「ポジポジ病」と呼ばれています。
ポジションをいくつもとってしまうことから、
このように呼ばれるようです。

バイナリーオプションの「ぽちぽち病」では、
無駄なエントリーを数多く重ねて損失が積み上がっていきます。

そもそも、甘いエントリーを連発したり、
負けたときに冷静さを失って、冷静な状態なら、
決してエントリーしないような箇所でエントリーをたくさんしてしまうのですから、
負けが積み上がるのも当然のことです。

ぽちぽち病になってしまう原因

ルールを守り、冷静な人には無縁の「ぽちぽち病」ですが、
バイナリーオプションを始めると、
多くの人が一度はかかる病気でもあります。

ただ、この病気にかからず、
先達の助言をしっかり素直に聞いて利益を出していける人もいます。

「ぽちぽち病」になってしまう原因を探ってみましょう。

チャンスを逃したくないという心理

人間にはさぼっているのはいけないこと、
積極的になにかしていないと、働いていないといけない、
というような心理が働きます。

ですから、なんとかチャンスを見つけ出してエントリーをしたほうが良い。
という気分になってきます。

なにもしないのは怠けている、と無意識に思ってしまうのですね。

ところが投資はじいっと様子を見て、ほんとうにチャンスを見つけ出すことこそがたいせつな仕事なのです。

けれども、トレードしていない時間がもったいなくて、
貴重なチャンスを取り逃がしているのではないかと感じるようになってしまいます。

そのために、難しい箇所でもついついエントリーしてしまう。
ここには、自分の都合のよいように相場が見えてくる、
自分の都合のよいように展開すると思い込んでしまう、
という心理も働きます。

人のこういった心理のあり方があるから、
バイナリーオプションに取り組む人の90%が損失を出していて、
バイナリーオプションのような業者が利益を出して我々にサービスを提供し続けてくれている、という皮肉な面があるのです。

ほんとうは、より根拠が確実なところを識別することが大いなる仕事なのです。

「いけるかも!」という甘い箇所では、しっかりと「スルー」ができるようがんばりましょう。

損失を取り戻したいという心理

負けが続いて損失を出してしまうと、あせりが出てきます。

この負けを絶対に取り返したい!

こういった思いから冷静さを失っていきます。

むきになってしまうことで、
冷静な判断ができなくなり、

ここで勝てば、今までの損は取り戻せる!
よし、チャレンジだ!

とばかりに、期待値の低いところでエントリーを繰り返してしまいます。

この行動により、損失はますます大きくなります。
冷静に考えれば、勝てそうもないところでエントリーしているのですから当然の結果なのですが、このように泥沼にはまっていくのが、「ぽちぽち病」の怖いところです。

さらに利益を積み上げようと欲を出してしまう

このことは、負けているトレーダーだけでなく、
たとえ勝っているトレーダーでもいえることです。

もっと利益をあげたい。
ここでやめずに、もう少し利益を上積みさせたい。

そのように考えて、終わるタイミングを逸して、
せっかく利益を出したのに、また減らしてしまいます。

スクール生の方々の中で、
短期間で利益を積み上げていく人は例外なく、

・ルールを徹底的に守る
・1~3回ほど買ったらその日のトレードはおしまいにする

ということができています。

「もっと稼ぎたい」と欲を出してしまうことで、逆に利益は減ってしまいます。
人間の集中力には限りがあることも自覚しましょう。

トーレドスキルに自信がない

トレードスキルが低い場合、勝てるポイントをしっかりと見極める目がないままに、

これくらいならいけるんじゃないかな?
ここ、なんとなく勝てそうだわ。

と、次々エントリーしてしまう人がいます。

トレードスキルをしっかり身につけていて、
根拠に自信が持てれば、相場をよくみてシナリオを組み立て、

えみり
こうなっているから、こうなってくるんじゃないかしら。
それなら、こういう根拠でここでエントリーがいいと思うわ。

という絞り込んだエントリーができます。

そういったときにたとえ、よきせぬ動きとなり負けてしまっても、
それは次のトレードへの振り返りの材料として、
しっかり分析にまわしますから、
あわてて無駄なエントリーを重ねるということをしません。

「スキル不足」からなんとなくのエントリーを繰り返す。
エントリーの後の分析をしない。

私、どうして勝てないんだろう。
えい、つぎはここならどう?

こうした行為は自滅への道をひた走ることになってしまいます。

自分のトレードスキルを過信する

「トレードスキルに自信がない」ために、
いい加減エントリーを繰り返すのも「ぽちぽち病」の原因になりますが、
その逆も起こりえます。

中級者以上になってきて、
ある程度、自分のトレードに自信ができてきます。

けれども、自分の考えやスキルを過信するのは怖いことです。

すべての局面において相場が正しい。

これが真実です。

この場面はこうなるはずよ。

と、少々の懸念点があっても、「自分の判断が正しい」という思い込みを捨てられず、無理があってもつっこんでいくようなエントリーをしてしまうようになるのが、ある程度トレードに慣れてきて、さまざまなことがわかってきて、ベテランに足を踏み入れようかとする時期に起こりやすいのです。

自分のスキルを過信してはいけません。
すべての答えは相場にあり、正しいのは相場です。

「ぽちぽち病」にならないために

それでは、「ぽちぽち病」を克服するににはどうすれば良いのでしょうか。

チャートから離れる

冷静さを取り戻すために、いったんチャートから離れましょう。
PCを閉じて、お茶を飲んでもいいし、
主婦なんだから、ちょこちょことお掃除をしてもいいし、
お夕飯のお支度に切り替えてもいいし・・・。

冷静さを取り戻すことがなにより重要です。

また、負けが続くということは、
相場が荒れている、という状態なのかもしれません。

戦いにくい相場で戦っていてはだめです。
バイナリーオプションで重要なテクニカル分析が効かない相場で戦い続けるのは無意味ですし、自滅行為です。

冷静が失われていると、
「今自分が見ているのが戦いにくい相場なのではないか」
ということを見極めるための判断力もにぶっています。

まずは、相場から離れて他のことをやりましょう。
もし、その時点で負けていても、決して

負けを取り戻してから

などとは考えないようにしましょう。
エントリーを続ければ、負けが膨らむに違いありませんから。

スキルアップに専念する

エントリーから離れても、
バイナリーオプションのことが気になってしかたない。

それなら、バイナリーオプションや相場についての勉強をしましょう。
わけもなくぽちぽちして資金を減らすのではなく、
思いっきりスキルを磨くのです。

そのために最良の方法は、

・過去チャートを見て、練習する。
・自分の過去のエントリーを振り返って検証する。

これしかありません。

えみり
自分のトレードをしっかり検証して、
スキルをどんどんアップさせて利益を出していきましょうね。

トレード記録の取り方や、検証方法については、下記の記事でご説明しています。

 

バイナリーオプションのトレード記録の取り方

-相場の基礎

Copyright© 主婦のバイナリーオプション日記 , 2021 All Rights Reserved.